ハワイ版海鮮丼「ポケ」が美味しそう(海外の反応)

eth
ポケ(ハワイ語 poke)は、ハワイ料理の一品。実際には英語風にポキと発音されることが多い。ポケとはハワイ語で「切身」を意味する言葉で、現在では魚介類の切身に、塩、醤油、食用油、海藻、香味野菜などを混ぜ込んで調味した料理を指す。ハワイ人には生魚を食べる習慣があり、獲れたての魚を捌き、塩で味付けして海藻などと共に食べるということが昔から行われていたようである。そして19世紀に海外からの移民が持ち込んだタマネギ・青ネギ・トマトなどが取り入れられ、日本からの移民などアジア系移民が増えるに従って、徐々に新たな食材や調味料が加わってバリエーションも増え、1970年代にハワイ料理を代表する一品となり、次第に観光客にも親しまれるようになった。類似の料理として、鮭をトマトとタマネギで和えたロミロミ・サーモンがある。(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。

続きを読む

Comments are closed.