海外「何で日本だけ責めるんだ!」 日本の捕鯨に批判的なBBCに外国人から怒りの声も

今回は、「なぜ日本は今も捕鯨を続けるのか」と題されたBBCの記事から。以下が記事の要点になります。(結論は「官僚と政治家が予算と自分の席を守るため」というものなので、 最後の青文字の部分だけ読んでいただければ十分かと思います)・捕鯨は、日本人のお腹を満たす事とは無関係である。 国際的な非難を浴び、経済的ではないのにもかかわらず、 なぜ日本は捕鯨を続けているのだろうか。・日本政府の回答は、「捕鯨は日本

Posted in 社会   •  

海外「こんな綺麗な国だったのか!」 日本の四季を映した映像が美しすぎると話題に

今回ご紹介する映像は、「古き良き日本を世界にPRする」活動をされている、映像作家兼フォトグラファーの堀琥治郎さんが製作したもので、ここでもやはり「古き良き日本」の情景を踏まえた上で、日本の四季が「自然の声」とともに紹介されています。発信元のページは現在のところはまだ小さなコミュニティーなのですが、様々なサイトでシェアされたこともあり、映像は大きな反響を呼んでいます。寄せられた反応をまとめましたので、

Posted in 社会   •  

海外「日本仕事早すぎ!」 日本主導の大規模地下鉄計画にフィリピンから歓喜の声

アジア最悪とも言われているフィリピンの交通渋滞。それを解消することが長年課題になっているのですが、実効性のある対策として、地下鉄の建設が挙げられています。その実現のために、先日日本政府は数千億円規模のODAを、フィリピンに供与する方向で検討していることを発表。安倍総理は今年11月にフィリピンで開催されるASEAN関連首脳会議で、その旨をドゥテルテ大統領に伝える予定です。借款の条件として、日本の技術などを活用

Posted in 社会   •  

海外「日本人は民度が高いから…」 日本の印鑑文化に外国人から羨望と心配の声

かつては洋の東西を問わず用いられていた印章(判子)。ヨーロッパでは、識字率が向上していったことなどによって、19世紀にはほとんど手書きのサインに取って代わられたそうです。アジアでは東アジアを中心に印章文化が広がっていますが、現在でも印鑑登録の制度が残っているのは、日本だけになっています。日本人にとっては大変身近な日用品である印鑑ですが、当然大半の外国人にとってはかなり珍しい物。日本の社会における印鑑

Posted in 社会   •  

海外「日本が復活しようとしている」 日本経済の絶好調ぶりが海外でも話題に

先日内閣府が発表した今年4月から6月の実質GDPの成長率は、個人消費や設備投資が堅調に推移していたこともあり、年率で4.0パーセント増と、6期連続(11年ぶり)のプラス成長となりました。なお、生活実感に近い名目GDPは年率で4.6パーセントのプラスです。TIME誌は、「日本はG7で最も急速に経済成長している」と報じ、ロイターやガーディアン紙も、伸び悩む他のEU圏と比較する形で、日本経済の好調ぶりを伝えています。この報道に

Posted in 社会   •  

海外「アジアで最も美しい都市」 札幌の景観の美しさに外国人から絶賛の声

北海道の政治、経済、産業などの中心地である札幌市。人口は196万人で、国内第5位の規模を誇り、北海道の35パーセント、都市圏では約半分を占めています(1960年に50万人、1970年に100万人、1985年に150万人を突破)。市名の由来は諸説あり、アイヌ語の「サッ・ポロ(乾きたる広い場所)」、「サッ・ポロ・ペッ(甚だしく乾燥する川)」、「サリ・ポロ・ペッ(その葦原が広大な川)」などで、豊平川、或るいは豊平川の氾濫した跡が

Posted in 社会   •  

海外「アジアで最も美しい都市」 札幌の景観の美しさに外国人から絶賛の声

北海道の政治、経済、産業などの中心地である札幌市。人口は196万人で、国内第5位の規模を誇り、北海道の35パーセント、都市圏では約半分を占めています(1960年に50万人、1970年に100万人、1985年に150万人を突破)。市名の由来は諸説あり、アイヌ語の「サッ・ポロ(乾きたる広い場所)」、「サッ・ポロ・ペッ(甚だしく乾燥する川)」、「サリ・ポロ・ペッ(その葦原が広大な川)」などで、豊平川、或るいは豊平川の氾濫した跡が

Posted in 社会   •  

海外「日本発祥じゃないのか!」 天ぷらの真実を伝えるBBCの記事に外国人が衝撃

今回は、「天ぷらの真実」と題されたBBC Travel の記事から。早速ですが、以下が要点になります。・1543年、3人のポルトガル人船員を乗せた中国船が、 航路を外れて、日本の種子島に漂着した。 その3人は、日本を訪れた最初のヨーロッパ人で、 3人が来た方角、そして日本人とは異なる見た目をしていたことから、 日本人は彼らのことを南蛮人と呼んだ。・この時期の日本は内戦中であったこともあり、 2カ国間で主に銃の取引が

Posted in 社会   •  

米国「日本が同盟国で良かった!」小野寺防衛大臣の発言にアメリカから感謝の声が殺到

先日北朝鮮は、グアム島沖を狙う中距離弾道ミサイル「火星12」を、4発同時発射する計画があることを公表しました。それを受け小野寺防衛大臣は昨日、衆院安全保障委員会の閉会中審査で、「北朝鮮がミサイルをグアムに向けて発射した場合、安全保障関連法が定める存立危機事態と認定し、集団的自衛権を行使して自衛隊が迎撃するのは可能」との認識を示しました。その上で「日本は様々な事態に備えしっかりした態勢を整えている」と

Posted in 社会   •